海外サイトkotakuが行った米任天堂のレジー社長へのインタビューで、Wii Uのタブレットコントローラ「Wii U GamePad」のタッチパネルがシングルタッチであることが明らかになりました。


マルチタッチ非対応の理由としてレジー社長は、「Wii U GamePad」はタッチパネルの他にも物理ボタンが用意されていることや、通常両手でコントローラを持つことによる操作性の問題を挙げています。コスト面も見送られた理由の1つとして示唆されています。

ゲームプレイ時はシングルタッチでも問題なさそうですが、アプリやWebブラウジング時に他のスマートフォンやタブレットで採用されている操作(ピンチイン/ピンチアウト、回転)が出来ないのはやや不便に感じそう。

kotakuのインタビュー記事には他にも、Wii U情報が掲載されているのでざっと羅列。

Wii U GamePadのバッテリー持続時間について

任天堂はE3ページで、GamePadの持続時間は3~5時間と発表。
GamePadは充電しながら遊ぶことも可能。
E3バージョンでは充電コネクタが上部にあったが、製品版では快適性を考えて下部へ変更する。
任天堂の体質として、バッテリー持続時間などの数値を公表する時は非常に保守的。
3DSの時も、公式発表の数値と実際の持続時間は非常に異なっていた。
Wii Uの場合も、ゲームプレイを妨げるモノにはならない。

Off-TV Play(Wii U GamePad上でのゲームプレイ)

ハード機能として用意されているものの、Off-TV Play機能を使うかどうかは各ゲームの開発者に委ねられる。

Xbox 360のコントローラによく似たWii U PROコントローラ

競合他社のコントローラも、我々のコントローラによく似ていますよね。
基本的に、人工工学に基づいて、持ちやすいようにデザインされている。
コントローラは長い間開発されてきており、過去の様々なゲーム体験からのフィードバックに基づいている。
リッチなゲーム体験を提供する

実績システム

実績システムを不要と考えるデザイナーもいるが、3DSの「すれちがいMii広場」では似たようなシステムを採用した。システム自体が持っている。
マイクロソフトは全てのゲームに搭載を要求するだろうが、それは我々の哲学ではない。

フレンドコードの改善

登録まで手間のかかっていたフレンドコードがよりシンプルになり、幅広いユーザー交流ができるように。

Wiiでダウンロードしたデジタルコンテンツ

Wiiで購入した全てのコンテンツは、Wii Uへ転送できる

データストレージ(データ保存)について

本体にはそれほど大容量な保存領域は持っていない
ユーザーは必要に応じてUSB接続の大容量HDDを追加できる。

この件は別の機会に改めて発表される

Wii Uとニンテンドー3DSの連携

昨年のE3で発表したWii U/3DS『スマブラ』最新作については、いくつか連動要素が考えられている。

中古ゲーム

対策を取っているということはなく、問題なく動作する。

Wii Uのカラーバリエーション

E3ではシロとクロのカラーを出展したが、発売については何も発表していない

明らかにされなかったトピック

新しいバーチャルコンソールのプラットフォームが追加されるのかどうか
バーチャルコンソールがGamePad上で動作するのかどうか
Wii Uの発売価格
Wii Uの同時発売ラインナップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で