E3でついにお披露目された、Wii U向けのシリーズ最新作『ピクミン3』ですが、任天堂の宮本茂さんは海外サイトのインタビューを受け、多人数プレイはローカルのみで、オンラインには対応しないとコメントしています。


オンラインについては開発中に対応を考慮されたものの、画面内にとても多くのピクミンが登場し、それぞれが異なる動きをし、異なる位置取りが重要になる『ピクミン3』のゲームシステム上、インターネット接続で同期を取るのが困難であるとの判断から、今回の対応は見送られることになったとのこと。

解像度の件といい、任天堂は快適さを保つ高フレームレートの維持に神経を注いでいるようで、それは60fpsで動いているといわれるピクミンについても同じ。30fpsに落としてでも・・・という判断はされなかったようです。

しかしオンラインプレイへの対応を見送った分、1人プレイとローカルのマルチプレイに絞って開発され、満足のいく出来になっているようですよ。それにSNS機能の「Miiverse」が全てのWii Uゲームが対応すると発表されているので、そちらで何らかの要素が用意されているかもしれません。

対戦・協力プレイのオンライン対応は次世代機では標準になってくると思っていましたが、ゲームのコンセプトや仕様上なかなかそうもいかないみたいですね。

任天堂のゲームは顔を合わせて遊んでこそ面白いものが多いので(他社製品もそうか)、必須とまではいきませんが、集まる機会も限られてくるようになるとオンライン対応がありがたかったりするのでね。対応してる方が嬉しい人は少なからずいるでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で