任天堂のE3カンファレンスにて、新規タイトル『Nintendo Land』が発表されました。ステージではプロデューサーの江口さんがソフトを紹介。プレイヤーはMiiでニンテンドーランドへ遊びに行き、任天堂キャラをモチーフとしたアトラクションを楽しむことができます。


『Nintendo Land』は、『Wii』における『Wiiスポーツ』のように、『Wii U』が可能にした新しいゲーム体験を紹介する役割も持っているソフト。12種類のアトラクションが収録され、半分は多人数で、もう半分は1人で「Wii U GamePad」を使って遊んだらどんな体験が出来るのかがわかる内容に。

任天堂がテーマパークを作ったらという妄想がついにゲームされたタイトルですが、「社長が訊く」によると、開発の順序としては最初に遊びの構造の原型があって、その原型にあった世界を作り、任天堂のキャラクターを当てはめ、アトラクションの世界が出来たのは一番最後だそう。

収録されるゲームは「ゼルダの伝説 バトルクエスト」「ルイージのゴーストマンション」「どうぶつの森 キャンディー祭り」「ドンキーコングのクラッシュコース」「鷹丸の手裏剣道場」など。

Nintendo Land /
ニンテンドーランド
メーカー:任天堂
発売日:2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で