ウイイレ最新作『PES 2013』の対応プラットフォームから漏れてしまったPS Vitaですが、Vita向けのPESゲームが開発中のようです。ただしそれが『PES 2013』なのか、全く別内容のゲームになるのかはまだ不明だとか。


『PES 2013』はPS3、Xbox 360、PS2、PSP、Wii、ニンテンドー3DSと多くのプラットフォームで発売されますが(それにきっとiOS版も)、PS Vitaと年末発売予定のWii Uについての言及はありませんでした。

プロデューサーのハツミ・ナオヤさんは、『PES 2013』発表時にVita版が無かった理由として、

「我々はこの先永遠にVita向けのPESを出さないわけではありません。もちろんVitaバージョンの開発に取り組んでいます。ですが、PES 2013では無いかもしれません」

ハツミさんはまた、様々なデバイスが急普及していることで消費者のプレイスタイルが変化していることにも触れ、多彩なデバイスの普及によって潜在的なユーザーが増え、将来的にシリーズの対応プラットフォームを拡大させていくことを示唆しています。Vita対応もその中の1つですが、進むべき唯一の選択肢というわけではありません。

幅広いプラットフォームへの対応を前提としながら、それぞれの特徴を活かしたゲームをどう提案していけるのかが今後の鍵となっていきそうです。

Pro Evolution Soccer 2013
(ワールドサッカーウイニングイレブン2013)
メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
発売日: 2012年秋
希望小売価格: 未定
対応ハード:PC、PS3、PS2、PSP、Xbox 360、Wii、ニンテンドー3DS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で