公式サイトと同時に、社長が訊く『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』も公開されました。任天堂の岩田社長が毎回開発者に制作秘話を訊く”社長が訊く”ですが、今回はパリティビットの薗部博之さんとじっくり語っています。


同世代ということで昔話にも花が咲き、一緒に石和温泉に入ったなんて話も。『ダビスタ』や『ベストプレープロ野球』が生まれたきっかけの話題もあって興味深いですね。

「サッカーの面白さはいったい何なんだろう?」と、Jリーグ開幕を機にサッカーの魅力を探った薗部さん。“いちばん盛り上がるのはゴールポストを叩いたとき”というユニークな着眼点も。確かにねえ。そんな薗部さんは、ポストをもっと太くしたらいいのにと真剣に考えたりもするそう。

今作では3DSのネットワークを活用した遊び方が充実していますが、元はニンテンドーDSで制作されていたそう。3DSにハードを移行したことでネットワーク周りが充実し、日本列島を1つのサッカー場にして・・・なんて言う壮大な企画もあったとか。

前作から6年かけ、ハードも変更されながら薗部さんがじっくりゲームバランスを調整した『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』いよいよ発売されます。

ポケットサッカーリーグ カルチョビット / 任天堂
ポケットサッカーリーグ カルチョビット
メーカー: 任天堂
ジャンル: サッカークラブ育成ゲーム
発売日: 2012年7月12日
希望小売価格: 4,800円(税込)
プレイ人数: 1人(通信プレイ時2人)
ローカルプレイ対応(対戦プレイ2人)、インターネット対応(ランキング)、すれちがい通信対応(チームデータなどの交換)、いつの間に通信対応(おしらせ、チームの配信)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で