先日正式にEAから発表され、海外ではWiiや3DSを含むほぼ全ての現行ハードに対応することが明らかになった『FIFA 13』ですが、任天堂が年末に発売予定の新型ゲーム機「Wii U」にも対応することが明らかになりました。


世界で最も売れているサッカーゲームが、早速Wii Uに対応します。EAは昨年のWii U発表時から、好意的な姿勢を見せており、FIFAシリーズがマルチプラットフォーム体制をとっていることからも、対応は自然な流れといえます。ただ早期の対応は任天堂ハードのサッカーファンにとっては嬉しいところ。

『FIFA 13』は「プレーヤー・インパクト・エンジン」や「プレーヤー・インパクト・エンジン」などのシステムを改良して導入し、よりリアルなフットボールゲームを目指して開発中。Wii U版『FIFA 13』はPS3/Xbox 360/PC版とは別のチームによって開発されているそうで、タブレットコントローラを備えるWii U独自の機能が盛り込まれるかどうかも気になります。

Wii Uの詳細情報が解禁されるE3 2012で何か情報があるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で