ファミ通を発行するエンターブレインによると、ニンテンドー3DSの国内累計販売台数が2012年5月20日時点で600万台を突破しました。発売から65週目での到達です。


3DSは、ファミ通では5月6日週までの累計は593万431台で、この2週で約8.7万台売れている計算です。もう1つの集計機関であるメディクリでは先週(5月7日~5月13日週)の売上が約4.6万台で、累計595.5万台。新作が無かった今週も数字を落としていると見られ、メディクリ版ではギリギリ突破か、もしくは来週に持ち越しとなる見通しです。

500万台突破時は、2012年2月19日に突破したことを20日に任天堂自ら発表。52週目で到達という過去最速の普及速度でした。

ちなみに前世代機「ニンテンドーDS」はこのくらいの時期から「ニンテンドーDS Lite」が発売され、毎週年末商戦のような売上を叩き出し続けて爆発的に普及していったため、「DSより普及が早い」という売り文句はそろそろ期限切れを迎えます。

■ニンテンドー3DS 国内累計販売台数:
601万7206台(集計期間:2011年02月26日~2012年05月20日)

ニンテンドー3DS アクアブルー / 任天堂
ニンテンドー3DS
メーカー:任天堂
発売日:2011年2月26日
希望小売価格:15,000円
セット内容:本体、専用充電台、ACアダプタ、タッチペン、SDメモリーカード2GB、ARカード6枚

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で