E3 2012にて機能詳細やソフトなどが正式に公開される予定の任天堂の最新ゲーム機『Wii U』ですが、海外サイトにて『Wii U』の特徴の1つでもある、タブレットコントローラの最新版のリーク画像が掲載されています。


E3 2011で公開されたタブレットコントローラとの変更点として、大きく目立っているのはスライドパッドからアナログスティックへの変更です。十字キーやABXYボタンがやや内側になっているほか、セレクトスタートを兼ねる+-ボタンが右部に移動しているなど、コントローラ下部のボタン配置もWiiリモコンを踏襲したものから独自の配置へ変更されています。以前は無かったWii Uのロゴもあり、名称の変更も無いようです。

ちなみに下はE3 2011で公開されたWii Uコントローラ。

このリーク画像はLEGOシリーズなどで知られる「Traveller’s Tales」のテスタースタッフがツイッターに投稿したものだそうです。ツイートは既に削除済み。

スライドパッドからアナログスティックへの変更は、コントローラがゲームとプレイヤーを繋ぐ存在である以上、操作性向上が期待できることで概ね歓迎されるでしょうね。このリーク画像では確認出来ませんが、タブレットの形状も板っぽいものから持ちやすいようにグリップ感のある形へと変更されているようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で