ニンテンドー3DS用ソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』の追加コンテンツ第6弾が発表されました。DLC第6弾では『聖戦の系譜』の主人公の1人、セリスが登場するほか、シルバーカードを得られるエピソードが配信されます。


発売2ヶ月目に入り、高難易度になってきた今回の追加コンテンツ。経験値稼ぎのマミーマップを配信した当日に経験値2倍アイテムエピソードを追加を発表し、そんなに甘くないよと突き放すオチもついています。

次回配信エピソードは難易度★3と★4なので、既に何度かクリア済みだったり、それなりにキャラ育成を進めているユーザーが対象。金銀マップほど、あっさりとゲームバランスを崩壊させていくものではありません。

本編では育成したキャラで挑む高難易度マップが多くないので、こうしてDLCで配信していくのもありかなと思いますしね。

2012年5月24日配信開始

異伝 無限の神器

報酬:アイテム「シルバーカード」
所持しているだけでゲーム内ショップの商品価格が“半額”になる

あらすじ
神器。それは神の加護を受けた唯一無二の武器。
だが、その移籍の最奥には、二つ目の神器が眠るという。
宝は魔将たちが守護し、手に入れた者は誰もいない。
果たして、この移籍を制覇する勇者は現れるのか……?

難易度:★★★★
価格:300円

異伝 王対王 決戦編

報酬:仲間『光の公子セリスの魔符』、アイテム『エリートの書』
スキル「エリート」を習得し、入手経験値が2倍になる。
イラスト:鈴木里華

あらすじ
英雄王マルスと、光の公子セリス。
二人の王が手を組み、二大陸の戦力が結集される。
クロムは魔符を封じるため、彼らとの総力戦に挑む。

難易度:★★★
価格:400円

ただ僕がDLCで希望するのは、チート性能のスキルや能力のキャラがノーガードで殴り合う大味なマップじゃなくて、クリア条件がユニークなマップなど。マップに変化があったり、性別や使用可能武器に制限があったりetc。

DLC新イラストのマルスと配信チームのマルス王子が同じ戦闘モデル・説明文だったりして、その他の仲間キャラも汎用モデルで、その辺はもうあまり諦めというか、期待しないので(そりゃ専用モデル用意してもらえたら嬉しいけど)、DLCだからこそ出来る本編ではできなかったマップを練って配信してもらいたいですよ。

ファイアーエムブレム 覚醒 / 任天堂
ファイアーエムブレム 覚醒
メーカー:任天堂
ジャンル:ロールプレイングシミュレーション
発売日:2012年4月19日
希望小売価格:4,800円
プレイ人数:1人(通信プレイ時:2人)
ローカルプレイ対応、すれちがい通信対応、ニンテンドーネットワーク対応(インターネット対応、いつの間に通信対応)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で