EAから『FIFA 13』の日本版『FIFA 13 ワールドクラス サッカー』が発表されました。発売は他国版と同様、今秋の予定です。対応ハードは、PlayStation 3、Xbox 360、PSP、PS Vita。


『FIFA 13』自体は先日、海外サイトからのリークでスクリーンショットや概要が明らかになっていましたが、日本版の『ワールドクラスサッカー』も無事確認。対応ハードが明らかになったほか、新たなスクリーンショットが追加、各機能についてももう少し詳しく語られています。

ウイイレではVitaが対応ハードから省かれましたが、FIFAでは任天堂プラットフォームを丸ごと省いてきました。『FIFA 12』でも省かれましたが、日本の任天堂プラットフォームユーザーはFIFAのユーザー層とは違うと思われているんでしょうかね(後から追加されるかもしれませんが)。

気になる情報として、合同インタビュー内で日本のゲーム情報サイトが「Jリーグのクラブチームは収録されるのか」と質問をしたところ、Line ProducerのNick Channon氏は「いい質問です」としながら「今日はそこについては言及することができない」と返答したとのこと。

これは!! 単に収録ライセンスの解禁日がまだ先ということなのかもしれませんが、完全否定でもないというなんとも含みのあるお返事。EAさん、いよいよ期待していいんですか。

[追記: 2012.5.15
UKのプレスリリースから、対応プラットフォームにWii、ニンテンドー3DSなども含まれることが明らかになりました。

[追記: 2012.5.15
ファミ通.comの記事ではライセンスに関して少し異なるニュアンス。EA SPORTSのシニアバイスプレジデント、Andrew Willson氏がファミ通に語ったところによれば、Jリーグについて「いまはライセンスの問題などもあって難しいね(笑)。でも、いつか実現できたらと思っているよ」との返事。んー、近いうちの実現可能性はまだ低いんでしょうか。

FIFA 13 ワールドクラス サッカー(2012年秋発売予定) / エレクトロニック・アーツ
FIFA 13 ワールドクラス サッカー
メーカー: Electronic Arts
発売日: 2012年秋
対応ハード:Xbox 360、PS3、PSP、PS Vita
希望小売価格: 7,665円(PS3/360)、4,980円(PSP)、5,980円(PS Vita)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で