発売以来、毎週追加コンテンツが配信されているニンテンドー3DS用ソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』、DLC第5弾では『聖魔の光石』の主人公・エフラムが登場します。


第5弾の内容は、経験値稼ぎマップと『聖魔の光石』の主人公・エフラムが仲間になるマップの2エピソード。5月17日に配信開始されます。エフラムのイラストを担当しているのは山田孝太郎さん。

『聖魔の光石』はアンバサダー向けに配信されるGBAタイトルに含まれているので、遊んだユーザーも少なくないのではないかと思います。難易度は過去最大の★4つとなっており、かなりの難易度が予想されます。

そして金策マップに続いて経験値稼ぎマップが発売1ヶ月も経たないうちから配信。魔符で仲間になるキャラが新イラストが付いただけの汎用ユニットだったり、マップが使い回しであったり。岩田社長の発言や、任天堂が本格的にDLCを導入することで期待が高すぎたのかもしれないけれど、これまでの所、価格に見合ったクオリティであるとは思えません。

配信ペースが早いので余計にそう感じてしまうのかもしれないけれど、マップの構成やキャラモデリングなど、もっと作り込んでから出してもらいたいですね。金策や経験値稼ぎの敵は、低確率で遭遇戦に出現するような形で良かったんじゃないかとも思うし。

1ヶ月目の内容でかなり反響があっただろうし、2ヶ月目以降はもっと練ったマップの配信をお願いしたいところです。

2012年5月17日配信開始

異伝 マミーの楽園

報酬:敵「マミー」(経験値が多く得られる)

あらすじ
マミー。それは高貴なる屍兵。
その存在は極めて珍しく、
彼らと戦ったものは貴重な経験をしたという。
アンナの依頼で、クロムはマミー討伐に向かうが……

難易度:★★
価格:300円

異伝 光対闇 光編

報酬:仲間「碧空の勇王エフラム」の魔符

あらすじ
光―人々を守り、平和へ導くもの。
闇―光とは対になり、相反するもの。
二つの勢力は、異界で永劫の戦いを続けていた。
クロムは光に味方し、闇の軍勢と対決する。

難易度:★★★★
価格:350円

ファイアーエムブレム 覚醒 / 任天堂
ファイアーエムブレム 覚醒
メーカー:任天堂
ジャンル:ロールプレイングシミュレーション
発売日:2012年4月19日
希望小売価格:4,800円
プレイ人数:1人(通信プレイ時:2人)
ローカルプレイ対応、すれちがい通信対応、ニンテンドーネットワーク対応(インターネット対応、いつの間に通信対応)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で