Oh…ニンテンドー3DSの初期カラーの1つ「アクアブルー」が近日生産終了予定であることが、任天堂の公式サイトにて明らかになりました。


他のカラーは限定本体のベースになるなど複数パターンが展開されていましたが、アクアブルーはそうしたこともなく、己を貫く孤高の存在として君臨していました。初期カラーの1であり、3DSのアイコンに利用されたり、3DS発表時には岩田社長が懐から取り出すなどテーマカラーとしても認知されていましたが、今後はレアな存在になっていきます。

コバルトブルーの登場で青が被ってるなあと思っていたら、アクアブルーがまさかの生産終了であっさり統一されました。今後はもう1つの初期カラーである「コスモブラック」に「フレアレッド」「ミスティピンク」「アイスホワイト」「コバルトブルー」を加えた5色で展開されます。

ニンテンドー3DS アクアブルー / 任天堂
ニンテンドー3DS
メーカー:任天堂
発売日:2011年2月26日
希望小売価格:15,000円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で