コナミのウイイレ最新作『PES 2013』が一足早く発表されたことに続いて、EAの世界的人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズの最新作『FIFA 13』のスクリーンショットやゲームディティールに関しても情報が出始めました。


FIFA 13のメインプロデューサーDavid Rutter氏は、最新作『FIFA 13』の情報の一部を初めて明らかにし、前作『FIFA 12』から5つの主な改善点があると述べています。

Rutter氏が述べた5つの主な改善点とは「First Touch Control」「Player Impact」「Complete Dribble」「Tactical Free-Kicks」、そして「Attacking AI」。

どの要素も“より現実的”なアクション、コントロールを実現出来るような改善点であることが示されています。また、この5つの改善点に加えて新しいパスタイプ、シュートの回転、ゴールキーパーアニメーションにも手を加えたいと述べています。

彼はまた、レフリーの質の向上にも言及し、さらに観客の応援アニメーションについても、現代サッカーの試合の雰囲気に沿ったものになるよう調整していきたいと語りました。

『FIFA 13』は次世代の映像ソフトウェアが採用することで、リアルなグラフィックが著しく向上していると述べています。発売は2012年度Q2(7-9月期)を予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で