任天堂がパッケージソフトのダウンロード販売に乗り出します。26日に発表された2011年度決算短信の注釈から、2012年度中に3DSやWii Uのパッケージソフトについてデジタル配信を行っていく事が明らかになっていましたが、岩田社長は27日の決算説明会においてこの事を正式に発表しました。


対応第1弾は3DS『New スーパーマリオブラザーズ2』。これ以降の任天堂から発売されるソフトについては、原則としてパッケージ版とダウンロード版が併売されます。また、Wii Uソフトに関しては、発売時からパッケージとDL版との併売が開始されます。

これにより任天堂ゲームソフトの購入手段は

  • 店舗やオンラインショップでパッケージソフトを購入
  • 店舗やオンラインショップで決済後ダウンロードコートを発行し、eショップでDL
  • eショップからパッケージソフトをDL購入

の3つから選択出来るようになります。発表されたのは今後発売されるタイトルについてでしたが、発売済みのタイトルに関してもダウンロード販売に対応してくれたら嬉しいのだけれど。

今回の発表で面白いなと感じたのは、小売店でもダウンロードコードを販売するという部分。実店舗ならではの視覚的なインパクトが持つ魅力というのはありますからね。

POSAにより在庫リスクが軽減されることで、販売チャネルも広がる可能性があるし、既存の小売店も、売れ筋の商品だけではなく、店の売りたい商品をアピールしやすくなって店毎の個性を一層引き出せると思うんですよね。最近ではジュンク堂書店新宿店が展開した「書店員の本気」のような。

ユーザーとしては、こまめに起動するソフトをホームメニューに登録しておけるようになるのは嬉しいですね。大容量のSDカードを確保しなくては。

昨年7月の第1四半期決算説明会質疑応答で、任天堂のデジタルビジネスの規模拡大について「この3年が大きなポイント」と語っていた岩田社長ですが、DLCに続いて本格的な動きがまた1つ出てきました。

TOSHIBA SDHCメモリカード Class10 32GB SD-AX32GWF [フラストレーションフリーパッケージ(FFP) /
TOSHIBA SDHCメモリカード Class10 32GB SD-AX32GWF
メーカー: 東芝
SDスピードクラスのクラス10(Class10)対応
CPRM技術を採用した高度な著作権保護機能を搭載
ニンテンドー3DS アクアブルー / 任天堂
ニンテンドー3DS
メーカー:任天堂
発売日:2011年2月26日
希望小売価格:15,000円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で