発売1年にして5色のカラー展開(6色目のコバルトブルーは3月22日に発売予定)、複数のコラボデザインと、多種多様な本体バリエーションが登場したニンテンドー3DSにまたまたオリジナルデザインの本体が登場します。


今回明らかになった3DS本体は、小学館の人気少年コミック誌『コロコロコミック』の創刊35周年を記念して実現したもの。デザインにメージによると特製3DSは、ブラックを基調として「コロドラゴン」や35周年ロゴなどが天板に描かれたものとなっています。

35周年コロコロ3DSの入手方法など詳細ついては5月号(4月14日頃発売)で明らかになるとのこと。

ライバルのコミックボンボンが休刊してしまったので、今は独占に近いのかな?その辺り少年誌の事情は詳しくないですが。月刊誌ながら、専門誌よりも早く子供人気の高いゲームの最新情報が掲載されたり、男の子用のホビーで社会的なブームを巻き起こしたりと小学生男子に絶大な影響力を持つ雑誌ですよね。『ポケモン青』も当初はコロコロ限定だったような。

ニンテンドー3DS コバルトブルー / 任天堂
ニンテンドー3DS コバルトブルー
メーカー:任天堂
発売日:2012年3月22日
希望小売価格:15,000円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で