韓国任天堂は、4月28日よりニンテンドー3DSを韓国国内で正式発売すると発表しました。価格は22万ウォン。本体カラーは「コバルトブルー」「ミスティピンク」「コスモブラック」の3色となるようです。


発売されるソフトラインナップは『スーパーマリオ 3Dランド』『マリオカート7』『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック』といったマリオタイトルを中心として、『どうぶつの森』『スターフォックス 64 3D』『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』『nintendogs +cats』『スーパーポケモンスクランブル』なども年内に投入される予定。

ニンテンドー3DSは2011年2月26日に日本で発売を開始。これまで国内で510万台以上を販売しています。アメリカでも450万台突破が伝えられたばかり。

韓国のゲーム市場規模は「2010大韓民国ゲーム白書」によると総売上が6兆5806億ウォンとあり、2012年には10兆ウォン規模が見込まれているそうです。ネットゲームを中心とした市場のため家庭用の規模は大きくないようですが、任天堂は3DSを持ってこの市場へどう切り込んでいくのでしょうか。

ニンテンドー3DS コバルトブルー / 任天堂
ニンテンドー3DS コバルトブルー
メーカー:任天堂
発売日:2012年3月22日
希望小売価格:15,000円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で