ニンテンドー3DSの売上が、北米地域で450万台を突破しました。北米では、3DSは2011年3月27日に発売。発売が1ヶ月遅かったとはいえ日本より少なくスローペースに見えますが、1年で230万台だった初代DSのほぼ2倍の普及ペースとなっています。


北米は元々ハード移行が遅い地域で、最近ではスマホ・タブレット端末の急普及による携帯ゲーム機不要論も出てきています。日本のように人口密集地域でこそ活きる「すれ違い通信」のような3DSの仕様を考えると、1年でこれだけ普及したのはむしろ大健闘と言えるかと思います。日本における『モンハン3G』相当のソフトがまだ登場していない中でこの数字ですしね。

NoAのリリースに掲載されているマイルストーンをかいつまんで紹介すると

  • 2011年3月27日……北米でニンテンドー3DS発売。初日売上は任天堂史上最高の数字。
  • 2011年10月……ニンテンドーDSの初年度売上(230万台)を超える
  • 2011年11月13日……『スーパーマリオ 3Dランド』発売(累計175万本)
  • 2011年12月4日……『マリオカート7』発売(累計145万本)
  • 2011年12月……3DS本体が累計400万台突破
  • 2012年3月23日……初年度の締めくくりとして『新・光神話 パルテナの鏡』を発売

またリリースではDSとの比較も掲載されています。

ニンテンドーDS ニンテンドー3DS
発売日 2004年11月21日 2011年3月27日
発売後12ヶ月のハード売上 230万台 450万台
発売後12ヶ月のタイトル数 58本 100本以上
発売後12ヶ月のソフト売上 500万本 900万本以上
発売後12ヶ月の売上高 5.4億ドル 12億ドル以上

途中失速もありましたが、早期に手を打ったことで売上を回復。当初見込みには届かなかったにせよ、いい状態でラインナップが拡大する2年目を迎えられそうです。米任天堂のレジー社長は「3DSはまだ始まったばかりで、このプラットフォームは長期向けに構築されています」と締めくくっています。

ニンテンドー3DS コバルトブルー / 任天堂
ニンテンドー3DS コバルトブルー
メーカー:任天堂
発売日:2012年3月22日
希望小売価格:15,000円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で