ソフトウェアビデオコーデック「Mobiclip」を中心に手がけるモビクリップ社(旧アクトイマジン社)が、2011年10月より任天堂傘下となっていたことが明らかになりました。


「Mobiclip」は高品質・高圧縮率のソフトウェアビデオコーデックで、任天堂関連ではニンテンドーDSや3DS向けに展開。「どこでもWiiの間」「いつの間にテレビ」、「ニンテンドービデオ」などにも採用されています。

公式サイトによれば、

2011 年 10 月より任天堂グループとして新たに出発することとなりました。

今後、両社は緊密な協力により、任天堂プラットフォームに対応したソフトウェア開発に注力し、お客様にご満足いただける製品とサービスの提供に努めて参る所存でございます。

とのこと。開発環境改善の他、3DSに限らず「Wii U」もあるし新たな動画配信サービスへの布石でしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で