ラスベガスで開催されている「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(CES)にて、任天堂が今年発売を予定している新型ゲーム機『Wii U』がメディア向けにお披露目されました。


『Wii U』は、昨年のE3 2011で初披露された『Wii』の後継機種で、タブレット端末のような6.2インチのタッチスクリーンを備えたコントローラが大きな特徴。任天堂からはWii用の各種コントローラ互換も発表されています。

CES 2012での新着情報としては、コントローラに備わっているジャイロセンサーを活用した「パノラマ・ビュー」機能が公開されました。テレビに映し出される映像を中心として、コントローラを動かした向きに応じた映像がタッチスクリーンに表示されるもの。

公開されたデモ“Tokyo Street”では、走行する車の周囲を見渡している様子が確認できます。その他、E3 2011で公開された「Chase Mii」や「Zelda HD」のデモが公開されているようですね。

任天堂の岩田社長によれば、『Wii U』の最終形はE3 2012でお披露目されます。初動で躓いたニンテンドー3DSの苦い経験を踏まえ、万全の準備で進めているとのこと。詳細発表が楽しみです。

CES 2012: Wii U Panorama Tech Demo

CES 2012 – Wii U Zelda HD Tech Demo

Nintendo Wii U Hands On and Gameplay – CES 2012

Wii U(仮称) / 任天堂
Wii U
メーカー: 任天堂
発売日:2012年末予定
希望小売価格: 未定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で