任天堂の2012年Wii用第1弾ソフト『キキトリック』。「Nintendo Direct 2011.12.27」で岩田社長自らがプレイしているシュールな映像が公開されましたが、公式サイトもオープンし、社長が訊くも公開。そして「ニコラ」「セブンティーン」モデルによる体験映像も公開されています。


『メイドインワリオ』チームが開発を担当しているだけあって、音グッズと呼ばれるオマケコンテンツも充実。岩田社長が「くだらない(笑)」と絶賛したノリは彼ら独特なセンスによるもの。

体験映像の「セブンティーン」モデル篇でも音グッズが紹介されていますが、本当にくだらなくてそして面白い。『メイドインワリオ』シリーズや『リズム天国』シリーズのノリが好きなら楽しめそうな奇ゲーですね。

『社長が訊く』では、オトデザイナーズの坂本さんと任天堂の坂本さん、佐藤さんが参加。開発に至った経緯や女性受けの良さ、プレイしていない周囲の人を巻き込んでいくゲームであることが語られています。多人数で遊ぶことを推奨。

ゲームの外でのコミュニケーション、巻き込みの話は『みんなのリズム天国』の時も出てきていましたね。たしかに体験映像ではゲームと関係ない話題も飛び出したりして盛り上がっていました。

キキトリック / 任天堂
キキトリック
メーカー:任天堂
ジャンル:ききとりゲーム
発売日:2012年1月19日
希望小売価格:5,800円(税込)
プレイ人数:1-4人

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で