毎週木曜日に発表される4Gamer.netのソフト売上ランキング(メディクリ調べ)。11月21日~11月27日週の売上が発表され、注目の『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の初週売上は194,978本でした。


久しぶりの据置新作で、初のWiiオリジナルゼルダ、そして25周年パックなどがあっただけに、結構いい数字が出るんじゃないのかなーと思っていたんだけど。Wiiリモコンプラス専用なのが響いたのかな。Wii/GCのトワプリの初週は越えてきましたが、他のゼルダ本編と比べるとやや物足りない数字。ただWii本体はゼルダに牽引されたのか、それとも年末商戦期に入ったからか、1月以来久しぶりに2万台を回復しています。

ゼルダと同じ23日に発売された「太鼓の達人Wii 決定版」は32,098本の売上。前作「太鼓の達人Wii みんなでパーティ☆3代目!」の29,328本から数字を伸ばしています。定番タイトルの安定した人気。

その他の任天堂関連を見ると、軒並み数字を維持、あるいは伸ばしてきています。年末に強い任天堂のハード・ソフトは健在で、特にWiiパーティが上がってきているのを見ると、いよいよ年末商戦が本格化してきたなあという印象です。数量限定とはいえ同梱パックも出ているし、『集まればWii』プロモーションの効果も出ているのかな。ニンテンドー3DS本体も12万台と再び10万台を突破。値下げ以降はハード主導で売れている印象のある3DS。1日発売のマリオカート7、その翌週10日発売のモンハン3Gがどこまで爆発するのか、注目です。

TOP20内の任天堂関連タイトル(前週との比較)

  • ゼルダの伝説 スカイウォードソード:19.4万本
  • スーパーマリオ 3Dランド:6.2万本 → 6.1万本
  • 太鼓の達人Wii 決定版:3.2万本
  • ワンピース ギガントバトル! 2:11.6万本 → 2.7万本
  • 星のカービィ Wii:1.8万本 → 1.9万本
  • ポケパーク2:1.9万本 → 1.4万本
  • JUST DANCE Wii:1.2万本 → 1.4万本
  • Wiiパーティ:0.8万本 → 1.3万本

[追記
金曜日に更新されるメディアクリエイトの公式ページによると、この11月第4週の総販売本数は136.2万本。前週比は125.93%、前年比は92.08%でした。FF零式が発売された10月第5週以来5週連続で、100万本を突破しています。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード
メーカー:任天堂
ジャンル:アクションアドベンチャー
発売日:2011年11月23日
希望小売価格:6,800円(税込)
プレイ人数:1人
対応コントローラ:Wiiリモコンプラス(モーションプラス)+ヌンチャク / モーションプラス専用
収録内容:
Wii専用ソフト「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」
「ゼルダの伝説 25周年 オーケストラコンサート スペシャルCD(※年内出荷分限定)」
スーパーマリオ3Dランド / 任天堂
スーパーマリオ3Dランド
メーカー:任天堂
ジャンル:3Dアクション
発売日:2011年11月3日
希望小売価格:4,800円(税込)
すれちがい通信対応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で