ほぼオンライン専用のRPGだということが明らかになったドラクエシリーズ最新作の『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』。ユーザーの淡い期待をバッサリと切り捨てるような、明確な回答が載せられているスクエニサポートセンターでは、新たに利用料金の項目が追加されました。


「ソフトを購入するほかに、利用料金が発生するのでしょうか」
「はい、オンラインに接続してプレイする場合は別途利用料金のお支払いが必要となる予定です」

というわけで、今度はオンライン利用の際に利用料金が必要になることが明らかになりました。金額や課金システムの詳細は不明。

これでほぼオンライン専用ゲームであることに加えて課金制も決定。発表2日目にして、早くもハードルをまた一段階引き上げてきました。

大規模なオンラインゲームであれば、利用料金が発生するのは当然の流れ。とはいえ、ドラクエは低年齢層も含めた幅広い年代に遊ばれるゲームです。これが常識だからとあんまり遊ぶまでのハードルを高く設定しすぎて、遊んだ人が勇者と呼ばれることのないようにお願いしたいですね。まあ買いますけどね。

ちなみに日経平均株価が年初来安値を更新した6日、スクエニHDの株価は値下がり率ランキング3位の前日比-197円(-11.18%)で1,565円でした。任天堂は-200円(-1.54%)の12,770円。ライバル陣営であるソニーは-39円(-2.5%)の1,521円を付け、年初来安値を更新しています。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
ジャンル:ロールプレイング(ネットワーク対応)
対応機種:Wii/Wii U
発売日:(Wii)2012年/(Wii U)未定
価格・利用料金:未定
プレイ人数:1人(1ユーザーにつき3人のキャラクターを作成可能)
対応コントローラ:Wiiリモコン+ヌンチャク、クラシックコントローラ、USBキーボード
メディア:(Wii)Wii用12センチディスク+USBメモリー/(Wii U)未定
制作・開発:株式会社スクウェア・エニックス
ゼネラルディレクター:堀井雄二
キャラクターデザイン:鳥山 明
音楽:すぎやまこういち
ディレクター:藤澤 仁
プロデューサー:齋藤陽介

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で