セガから、サッカークラブ経営シミュレーション「サカつく」シリーズの最新作『J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 7 EURO PLUS』が発表されました。対応ハードはPSPで発売は今夏、価格は未定。公式サイトもオープンしています。


今回の舞台はJ+欧州6リーグ。プレイヤーはクラブの代表ではなく全権監督に就任。クラブ運営の評価によって経験値を獲得、能力強化になると。パラメータは育成、采配、人事、交渉、経営、名声の6つ。コーチやスカウトはプレイヤーのサポート役に。クラブを移籍することも可能で、ライバル監督も登場する。

選手には新パラメータとして忠誠度が登場。忠誠度が高いとプレイヤーが移籍する際に連れて行ける。これはリアルでもありますね。

選手強化の新システムとして「秘蔵っ子」を指定できる。特徴を身につけられたり、成長タイプが変化するなど秘蔵っ子システムだけの特殊なイベントも。

デフォルメされた「サカつくDS」シリーズとは違い、従来の流れを汲んだ新作の「サカつく7」。チームが成長してくるとバカ勝ちする試合が増えてきてしまうのがシリーズを通じての難点だったりしますが、試合面を上手く調整してきてくれるといいな。

J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 7 EURO PLUS
メーカー:セガ
ジャンル:スポーツ育成シミュレーション
発売日:2011年夏予定
価格:未定
プレイ人数:1人(アドホック通信時2人)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で