兄マリオをさしおいてニンテンドーゲームキューブ本体と同時発売された、永遠の二番手ルイージが初めて主人公となった作品『ルイージマンション 』です。ゲームキューブのN64からのコントローラの変更点として、CボタンがCスティックになって、そのCスティックを活かした作品でもありました。オバケ屋敷を舞台にルイージが大活躍!?


オヤ・マー博士から与えられた「オバキューム」というオバケを吸い取ることができる掃除機を使って、オバケを吸い込むっていう、どこかの映画で見たような設定だけど、弱々しい声を出すルイージの臆病な性格がよく出ていたり、ずれた鼻歌があったり。不気味な雰囲気ではあるけれど、任天堂らしい柔らかいグラフィックや光源処理がとても綺麗なゲームです。

適度な難易度の謎解きと、オバケを引っ張ってポンって吸い込むのが気持ちいい。マリオシリーズの代名詞であるジャンプは無くて、どちらかといえばアドベンチャーよりなゲームではあるんだけど。クリア後には「うらやしき」モードもあったりして。そうはいってもゲームのボリュームはあっさりしていて、そこがちょっと残念で屋敷の外の世界も少し見てみたいなあと思ったりもしたけども。

引っ張り操作はWiiリモコンと相性がいいだろうなあと思ったんですが、GCのゲームをWii用操作にチューニングして発売された「Wiiであそぶセレクション」では出てきませんでしたね。3D版が制作されていたというし、3DSで出てくるかもしれない?!

ルイージマンション
メーカー:任天堂
ジャンル:アクションアドベンチャー
発売日:2001.09.14
価格:6,800円(税込)
プレイ人数:1人

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で