2011年1月27日に発売を予定している、FFの生みの親坂口博信氏率いるミストウォーカー×任天堂のWii用RPG『THE LAST STORY(ラストストーリー)』のプレゼンが27日に行われ、戦闘やキャラメイクなどのシステムが公開されました。


当日は生で見られなかったんだけど、後から動画を見ることができて、複雑そうに見えていた戦闘のイメージも明るいものに変わりました。隠れたり魔法で岩場を崩して攻撃したりなど地形を利用した戦闘が特徴。敵の攻撃を受ける壁役がいたり、魔法使いがいたり、後ろからボウガンで攻撃したり、キャラごとに色々役割があるんだけど操作がスッキリしていて、おもしろそうだなと。チュートリアルも充実していそうでした。

「仲間」が今作のキーワードだそうで、戦闘だけじゃなくストーリーでもそれを意識させる展開がありそう。移動場面でもキャラクターがよく喋って感情移入しやすくなってるみたい。坂口作品なだけに、誰か死んじゃうのではないかと勘ぐってしまったりもするけど、まあそれは遊んでみてのお楽しみ。

任天堂の岩田社長がかけつけるサプライズもあって、その「びっくり」が意外と「THE LAST STORY」を象徴していると坂口さん。新たなRPGを求めてというプレゼンタイトルのように、ラストストーリーがRPGの新たな道を切り開けるのか、期待してます。

THE LAST STORY(ラストストーリー)
メーカー:任天堂
ジャンル:RPG
発売日:2011.01.27
価格:6,800円(税込)/25,800円(税込)
プレイ人数:1人(通信プレイ時:2-6人)
対応コントローラ:Wiiリモコン+ヌンチャク、クラシックコントローラ
ニンテンドーWi-Fiコネクション対応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で