Wii向けながら「最新技術を使ったファミコンゲーム」をゲームコンセプトとして、シンプルな操作のアクションゲームになって帰ってきたメトロイドシリーズ最新作の『METROID Other M(メトロイド アザーエム)』。


毛糸のカービィ』、『ドンキーコング リターンズ』と2010年末は任天堂の2Dアクションゲームが続いて、このアザーエムも気にはなっていたんだけど、想像以上の大ボリュームだった『Xenoblade ゼノブレイド』や他にやることもあって後回しになっていました。

メトロイドプライム』シリーズでは、従来のアクションからFPSにジャンルが変更されて、酔いやすい僕は回避していたのだけど、アザーエムは2D主体っぽいし安くなってもいたので遊んでみました。メトロイド本編を遊ぶのは多分SFCの『スーパーメトロイド』以来かな。

Wiiリモコン横持ち時の操作は良好

アクション部分はチームニンジャが担当しているということで、サムスがきびきびとよく動くし、攻撃もオートで照準を合わせてくれて当てやすい。回避技のセンスムーブやフィニッシュのリーサルストライクを使いこなせるようになって、装備も開放されていくと結構面白くなってきます。センスムーブで回避しながらチャージしたビームやミサイルをズドンっ。でも面白くなってきたなーと思い始めた時にはもう終盤。

横縦横縦……

ファミコンスタイルのWiiリモコン横持ちが「アザーエム」の基本の操作スタイル。でもミサイルを打つ時や、サーチングビューで結局何度もリモコン縦持ちさせられるという中途半端な仕様。横から縦、縦から横の持ち替えがせわしないし、Wiiリモコン横持ちにこだわらず、ヌンチャクを使わせてくれたらなあと思う。あるんだからさ。

ムービー。えっ、またムービー

「社長が訊く」を読んである程度覚悟はしていたけど、至る所で長いムービーを見せられ、しかもスキップできない。まさか任天堂のゲームで、しかもこの時代にプリレンダムービーやデモを長々と見せられるとは思わなかった。ゲームの再開時には丁寧にあらすじも表示されるし(これも一定時間は飛ばせない)。

モヤっと

次に行く地点を指示され、迷うことなく進んでいく狭い通路。許可されるまで開放されない、強化の楽しみが無くなった装備アイテム。シリーズの肝であるはずの探索要素もほとんど無くなってしまった。隠し通路の先にミサイルタンクばかりあっても嬉しくないですね。

なんだか文句が多くなってしまった『METROID Other M』だけど、クソゲーと言うほど悪くもないんだよなあ。それぞれのパートのクオリティは保たれていると思うし、アクションの基本部分も悪くない。ただプレイ時間がかなり短い上に(僕は初見でクリアまで9時間。長い長いムービーを含んで)、メトロイドらしい探索要素もほぼなく、何度も繰り返し遊ばせるような要素もないっていうのがね(ハードモードはあるけど)。

これってメトロイドなのかなあ。なんてモヤっとした思いを抱えながら一本道マップを進んでクリアしたのでした。

METROID Other M
メーカー:任天堂
ジャンル:アクション
発売日:2010.09.02
価格:6,800円(税込)
プレイ人数:1人
対応コントローラ:Wiiリモコン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で