ニンテンドウ64と同時発売された、マリオシリーズ初の3D作品『スーパーマリオ64』。64で初搭載されたアナログの3Dスティックの柔軟な操作とシンクロして3D空間を自由に動き回るマリオに初めて触れた興奮といったら。

今までの十字キーによるオンオフ2段階から(まあ、チョン押しとかして微妙な操作が出来なかったわけでもないけれど)、アナログスティックによって微妙な傾きを検知出来るように進化。これがマリオ世界のアトラクションと相性抜群だった。細い道や危険な場所ではゆっくり慎重に、そして時には大胆に。スティックをグリグリ回し過ぎて粉吹いちゃうのが玉に瑕だったけど。


本体と同時発売作品ながら、世代交代するまで圧倒的なクオリティを保った3Dアクションの金字塔。ステージの要所に配置されたパワースターを集めて進んでいく、箱庭アクションのお手本のような作品でした。ゴールまでの道筋が1つとは限らず、プレイヤーの遊び心に応えてくれるデザインも好きでした。「ゲームが変える、64が変える」のキャッチコピーは伊達じゃなかった。

しかしエポックメイキングな作品ゆえに、横スクロールの2Dから奥行きのある3Dに移行したことで、振るいにかけられてしまったユーザーも多数出てしまったんですね。N64本体の売上が振るわなかったこともあるけど、ソフト売上もこれまでの作品より減少。果たしてこの方向が正しいのかとこの後任天堂自身もジレンマに悩まされるのでした。

問題の幾つかはNDS『New スーパーマリオブラザーズ』やWii『New スーパーマリオブラザーズ Wii』といったシンプル&多人数プレーの2D方面、そして3Dマリオながら2D時代に近いゲーム性を盛り込んだ『スーパーマリオギャラクシー 2』が解消してくれたと思うけれど、3Dアレルギーというか、難しそうというイメージの払拭は簡単ではありません。

マリオ64に衝撃を受けた1ユーザーとしては、箱庭型3Dマリオの方向も(ステージの1つとしてでも)継続していって欲しいなあと思っていたりします。

ニンテンドーポイントプリペイドカード 3000
スーパーマリオ64
メーカー:任天堂
ジャンル:アクション
配信開始日:2006.12.02(発売日: 1996.06.23)
Wiiポイント:1,000
プレイ人数:1人
対応コントローラ:クラシックコントローラ、ゲームキューブコントローラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で