昨年9月のニンテンドーダイレクトで、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 対応が発表されていた、テンセントのMOBA『Arena Of Valor』ですが、リリースへ向けたクローズドベータテストが、今週末ヨーロッパで実施されるようです。現地時間の27日0時から28日にかけての開催が発表されています。

『Arena Of Valor』は、5v5のチーム戦で繰り広げられる、MOBA(Multiplayer Online Battle Arena、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)と呼ばれる、RTSから派生したジャンルのストラテジーゲーム。各プレイヤーは能力の異なる35名以上のキャラクターの中から1人を選んで参加。お互い、相手のチームの本拠地破壊を目指して戦うのが基本ルールとなっています。

『Arena of Valor』のベータ版は、国内向けのダイレクトでも今冬無料配信予定であると発表されています。欧州以外の地域での配信はいつ頃になるでしょうか。

任天堂は、中国市場へ本格展開する機会をうかがっていて、テンセントのニンテンドースイッチ参入や『Arena of Valor』の対応は、その足がかりとなるものではないかとの見方もあります。

任天堂の君島達⼰社長は2018年Q2決算説明会で、ニンテンドースイッチの中国市場展開について「当社製品の中国での販売については、今までもその可能性に関して研究してきたので、Nintendo Switch の中国市場への展開に関しても、さらに研究を続けていきたいと思う」と述べていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で