スウェーデンのデベロッパー Image & Form が開発する、地底を掘り進む採掘アクションアドベンチャー『SteamWorld Dig (スチームワールド ディグ)』。フライハイワークスから国内 Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 向けにリリースされた、『スチームワールド ディグ』としての第2作目(『スチームワールド』ユニバース作品としては第4作目)『スチームワールドディグ2』は、2017年の国内ユーザー評価で『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『スーパーマリオ オデッセイ』に次ぐ第3位という高評価を獲得しています。

丁寧な仕事でファンも増えている Image & Form は、2018年に複数のニンテンドースイッチソフトを準備していることを予告。そんな彼らの2018年1本目として、『スチームワールド ディグ1』が、スイッチにやってきます。

『スチームワールド ディグ』は2013年にニンテンドー3DS向けに配信が開始された採掘アクション・アドベンチャー。その後、PS プラットフォームや Wii U、Xbox One、Steam でもリリースされました。

プレイヤーは主人公ラスティを操作して、謎めいた鉱山を自分の手で掘り進めていきます。パワーアップで行けるエリアが広がり、より探索を楽しめるようになるなどメトロイドヴァニア要素も含まれている、アクションとダンジョン探索がうまく融合した冒険心をくすぐるゲームに仕上がっています。

ニンテンドースイッチ版『スチームワールド ディグ』の発売日は2018年2月1日(海外)。価格は9.99ドル/9.99ユーロ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で