ドイツの業界団体 BIU から、GfK の集計結果にもとづいた2017年の年間売上げランキングが発表されました。ドイツ市場で2017年に最も人気だったゲームソフトは『FIFA 18』でした。『FIFA 18』はPS4版が100万本以上、その他機種版を含めて150万本を突破。圧倒的人気を獲得しています。2位につけたのは昨年の不振を払拭した『Call of Duty: WWII』、3位は『GTA V』でした。

ニンテンドースイッチ用ソフトでは4位に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が入りました。5位には『マリオカート8 デラックス』(機種を見る限り8も含んでいるかも)。7位に入った『スーパーマリオ オデッセイ』は、単一のプラットフォームで発売されたソフトとしては最高の売上を記録しました。

日本勢ではその他、カプコンの『バイオハザード7』が10位にランクイン。

ドイツ市場:2017年 年間売上ランキング トップ20

  1. FIFA 18
  2. Call of Duty: WWII
  3. Grand Theft Auto V
  4. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  5. マリオカート8 デラックス
  6. Assassin’s Creed Origins
  7. スーパーマリオ オデッセイ
  8. Horizon Zero Dawn
  9. Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands
  10. バイオハザード7 レジデントイービル
  11. FIFA 17
  12. クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!
  13. Need For Speed Payback
  14. Star Wars Battlefront II
  15. Destiny 2
  16. アンチャーテッド 古代神の秘宝
  17. The Sims 4
  18. Minecraft
  19. Mass Effect: Andromeda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で