[追記2]
18日7時、任天堂から Nintendo Switch を活用したインタラクティブ DIY トイ『Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ)』が発表されました。組み立てたダンボール製工作キットがコントローラーになる「つくる」「あそぶ」「わかる」新しいあそびです。

[追記]
ええと、早速ですが追記です。任天堂は1月18日朝7時より、Nintendo Switch を活用した “新しいあそび” を紹介すると発表しました。

任天堂は2018年に、Nintendo Switch で有料のオンラインサービスを開始予定なので、そのより具体的なサービス内容が有力でしょうか。要望が寄せられているNetflixなど外部サービスへの対応だったり、あるいはバーチャルコンソールなども期待していますが、「新しい」「あそび」とは、いったいどのようなものとなるでしょうか。最近、君島社長が語っていた、スイッチならではの新しいプレイスタイルを活用したソフトという線も。

いずれにしても、18日の7時にはその内容が明らかになります。


[オリジナル]
Nintendo Direct mini 2018.1.11」で、小さくない発表がいくつもあった Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)。ですが、近々また新たな発表を控えているようです。『Ghost Recon Wildlands』や『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』に携わり、現在は新プロジェクトに取り組んでいるという Ubisoft スタッフが気になるツイートをしています。

この従業員のツイートを信じるのであれば、任天堂に関する何らかのアナウンスが近日中に行われます。

Ubisoft のソフトに関するものであるのなら、昨年発表され、それっきり続報がないままになっている Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 版『Steep』や、最近噂に上っている『South Park: The Fractured But Whole』のスイッチ対応の詳細発表があるものと思われます。

ただ、2つ目のツイートではあくまで任天堂に関する話題であり、 Ubisoft 主体ではないような発言。彼が言うには、また大きく盛り上がるようなアナウンスとなるようですが、はたしてどのような内容の情報公開があるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で