GfK Chart Track の集計データに基づいたイギリス小売市場の2017年年間セールスが報告され、デジタル市場の拡大でフィジカルの縮小が懸念されるなか、前年並みの2370万本を販売したことが明らかになりました。2016年は2380万本で、減少を0.4%にとどめました。

販売金額ベースでは2.1%の増加。これは Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) がローンチから好調な販売が持続したことなどによるソフト販売単価の上昇が寄与しました。パッケージソフト市場トータルでは2017年の1年間に7億9200万ポンド(1200億円規模)を販売し、減少に歯止めをかけています。

売上1位は4年連続で『FIFA』

2017年のUKゲーム小売市場で年間売上1位を獲得したのは、『Call of Duty』シリーズと人気を二分する Electronic Arts の世界的サッカーゲーム『FIFA』でした。

2013年こそ、モンスタータイトル『GTA V』に首位の座を譲ったものの、2014年の『FIFA 15』から4年連続で『FIFA』フランチャイズが年間1位を獲得。発売から9週連続で1位を獲得するなど、年末までに前作『Call of Duty: Infinite Warfare』を超える好調なセールスを見せる『Call of Duty: WWII』を抑え、最新版の『FIFA 18』がトップセラータイトルとなっています。発売が5週早い先行の利を生かしました。

PlayStation 4 FIFA 18 Pack【本体同梱限定】ダウンロードコンテンツ プロダクトコード・レンタルアイコン選手3名・レア選手パック同梱
PlayStation 4 FIFA 18 Pack【本体同梱限定】ダウンロードコンテンツ プロダクトコード・レンタルアイコン選手3名・レア選手パック同梱
メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売日: 2017-09-29

ただし『FIFA 18』のセールスは『FIFA 17』と比較して16.2%ダウン。『Star Wars: Battlefront II』は『Battlefield 1』との比較で51%減、前作『Star Wars: Battlefront』との比較でも49%減少。『Need for Speed Payback』も前作比で11%減少するなど、EAのパッケージ販売は減少しています。デジタル市場が拡大していることで、一部はデジタル販売で相殺している可能性もありますけれど。

Ubisoft の『Assassin’s Creed Origins』は休養前の前作『Assassin’s Creed Syndicate』と比較して13%増。Ubisoft の昨年の AAA タイトルである『Watch Dogs 2』と比較すると32%増加しました。

Nintendo Switch がローンチから力強さを見せた任天堂も存在感を取り戻した1年となりました。『スーパーマリオ オデッセイ』『マリオカート8 デラックス』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はすべて30万本を突破。スイッチソフトの1位は『マリオカート8 デラックス』で、僅差で『スーパーマリオ オデッセイ』を上回りました。

この3タイトルは2017年の最終週ですべてUK週間チャートのトップ10入り。任天堂が苦戦するUK市場において、スイッチの定番タイトルとしてロングセラーとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で