国内メディア取材に応じた任天堂の君島達己社長が、2018年以降の Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) について展望を語っています。来年のスイッチは、ハードの機能(Joy-Conに詰め込まれたHD振動やモーションIRカメラ、ジャイロなど)を活用したソフトがどうやら登場してくるようです。

君島社長はニンテンドースイッチのソフト展開について、このホリデー期間にスイッチ本体を購入した新しいユーザーに対しては、発売済みのソフトも楽しんでもらいたいとコメント。またゲーム好きで早くに本体を購入したユーザーに対しては、DLC をリリースするなりして長く楽しんでもらえるように取り組んできたとしています。さらに2018年の任天堂は、Joy-Con の機能などスイッチならではの新しいプレイスタイルを活用したソフトを幾つか発売したいと明かしました。

2017年は「いつでも、どこでも、誰とでも。」という分かりやすいコピーで、『ゼルダの伝説』や『スプラトゥーン』『マリオカート』『スーパーマリオ』などの主力タイトルを早期から投入し、据置型ゲーム機体験のまま携帯型ゲーム機のように持ち出せること、またマルチプレイ環境がすぐに整うことを強調してきた任天堂。2年目となる2018年は、スイッチのユニークな機能を使ったソフトを見ることができそうです。もちろん、発売される全てのソフトがそうなるわけではないでしょうけれど。

任天堂の2018年以降のソフトラインナップには『星のカービィ スターアライズ』や『ヨッシー』『ファイアーエムブレム』『メトロイドプライム4』『ポケットモンスター』といった各シリーズの本編新作が含まれています。当然、これらにもスイッチの特長を生かした操作方法が盛り込まれる可能性はありそうですが、「新しいプレイスタイル」を提案するソフトはまだ別に控えていそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で