ハムスターの『アケアカNEOGEO』シリーズなど、対戦格闘ゲームが複数発売されている Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)をアーケード筐体っぽくして、「テーブルモード」時にゲーセン気分を楽しめる折りたたみ式スタンド「折りたたみアーケードスタンド」が登場です。

スイッチ本体をセットしてゲーセン気分に、折りたたみアーケードスタンド

コロンバスサークルから2018年1月に発売される「折りたたみアーケードスタンド」は、ニンテンドースイッチ本体をセットするだけでアーケード筐体のような見た目にし、ゲーセン気分を楽しめる折りたたみ式のゲームスタンド。見た目だけでなく、画面を見やすい角度になるよう設計されているなど、ゲームプレイも快適です。

スタンドは軽量なPVC素材製。マグネット式で簡単に組み立てることができ、使い終わったらコンパクトに折りたたんで保管することができるそうです。

背面には充電ケーブル差込口があり、ゲームなどをしながらスイッチ本体の充電も可能。背面には空気穴も空いていて、熱がこもらないよう配慮もされているということです。

サイズは約196mm×185mm×163mm

「折りたたみアーケードスタンド」はコロンバスサークルのオリジナル製品で、任天堂社のライセンス製品ではないものの、なかなか面白い周辺機器ですね。本体に勢いがあると関連ビジネスも広がります。

(Switch用) 折りたたみアーケードスタンド - Switch
(Switch用) 折りたたみアーケードスタンド – Switch
メーカー: コロンバスサークル
発売日: 2018-01-31

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で