2017年春の PlayStation 4 版に続いて、11月22日に国内発売された『LEGO ワールド 目指せマスタービルダー』の Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 版。

発売元のワーナーは、春から実施してきた継続的なアップデートによる46もの機能改善や機能追加を紹介する動画を公開しました。

LEGO Worlds これまでの歩み

ゲームの中で、レゴブロックを使ったクリエイトを楽しめる『LEGO ワールド 目指せマスタービルダー』。発売開始以来、様々なアップデートが実施されてきました。

アップデートには「サンドボックスモードの追加」や「動画撮影用カメラカーの追加」など比較的大規模なものから、「陰影表現の改善」「空の表現の改善」「キャラクターアニメーションの追加」などゲームの見た目に関するもの、各種ツールの使い勝手改善などゲームの遊びやすさにつながるものが含まれています。ワーナーによると、アップデートは今後も続き、様々な機能強化を目指していく予定だということです。

いろいろなゲームの世界

また、さまざまな「ゲームの世界」がテーマだという、Nintendo Switch 版を使って制作された映像も公開。『LEGO ワールド』で何をクリエイトするのかは、想像力次第。映像では『スーパーマリオブラザーズ』風の横スクロールアクションゲームやレース、サッカー、剣と盾で敵を倒す3Dアクション風ゲームが登場します。

この映像に出てきた世界は、先日開催された「チーム対抗LEGOワールド選手権大会」で見事優勝に輝いた「ぬに」さんによって制作されました。

LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダー 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】
LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダー
メーカー: ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
発売日: 2017-11-22

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で