カプコンは12月5日、今年で生誕30年を迎えた『ロックマン』について、シリーズ最新作となる『ロックマン11 運命の歯車!!』を2018年後半に全世界で発売すると発表しました。対応機種は PlayStation 4 / Nintendo Switch / Xbox One / PC。

『ロックマン』の誕生は1987年。任天堂のファミリーコンピュータ(ファミコン)向けアクションゲームとして第1作目が発売されました。初代以外にも『ロックマンX』や『ロックマンDASH』『ロックマンエグゼ』など様々な派生シリーズが生まれ、シリーズ累計3200万本を販売する、と並んでカプコンを代表する人気キャラクターの1つとなっています。

2018年後半の発売が今回発表された最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』は、移植やリマスター、リメイクではない完全新作。グラフィックは現行機の機能を活かし、高精細に描かれたイラストのように滑らかな動きを特徴としていて、それでいて、従来作品のドット絵ならではの小気味よいアクションとの両立を目指すとしています。

シリーズファンには、ロックマンに初めて触れた時の新鮮な面白さを、初めて遊ぶ方には2Dアクションを攻略する楽しさを届けられるよう開発が進められています。

「ロックマン」シリーズ30周年プロジェクトが始動

さらにカプコンは、最新作の発表を皮切りに『「ロックマン」シリーズ30周年プロジェクト』を始動させ、ブランドの活性化を図ります。『ロックマン』シリーズ10作品を収録する『ロックマン クラシックス コレクション』(1〜6 が収録)と『ロックマン クラシックス コレクション2』(7〜10 が収録)がニンテンドースイッチに対応し、2018年に発売となるほか、『ロックマンX』シリーズ全8作に関してはスイッチとPS4、Xbox One、PC で展開。

ゲーム以外にも、ワールドワイドで『ロックマン』ブランドの様々な展開を準備しているということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で