GfK から、イギリス小売市場の販売データに基づいた最新の UK チャート(2017年11月12日~11月18日週)が発表され、ホリデー商戦へ向け大型タイトルのリリース活発になる中、『Star Wars Battlefront II』を退けた『Call of Duty: WWII』が3週連続で首位を獲得したことが明らかになりました(金額面では『Star Wars Battlefront II』が1位)。

英国の小売業者は『Star Wars Battlefront II』について、昨年の『Battlefield 1』を上回るだろうと期待を寄せていましたが、その初動は発売前の予想を大きく下回る結果となっています。

『Star Wars Battlefront II』(対応プラットフォーム:PlayStation 4、Xbox One、PC)の初週セールス規模(小売店で販売されるパッケージ版)は、比較に出た『Battlefield 1』を50%以上下回り、2015年に発売された前作『Star Wars Battlefront』から61%減少しました。作り込まれたスター・ウォーズの世界やシングルキャンペーンの充実、より美麗になった映像など前作から進化している面もあるものの、批判が多かったゲーム内課金システムが影響した可能性があります。

ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン

ゲームフリークが 3DS の集大成と語っていたポケモンRPG最新作『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』は4位と5位に初登場。昨年の『サン・ムーン』は初登場3位4位で、今年も似た順位でのデビューとなりました。ただ、今作は完全新作ではなくアップデート版だったために、売上面では大きく差がつき74%減。昨年の『サン・ムーン』は、ポケモン生誕20周年とリアルワールドゲーム『ポケモンGO』の勢いも追い風となりました。

『サン・ムーン』と『ウルトラサン・ウルトラムーン』に近い関係に、ニンテンドーDSで発売された『ブラック・ホワイト』とその続編『ブラック2・ホワイト2』があります。『BW2』と比較したときには『ウルトラサン・ウルトラムーン』の初動は32.4%増加しているということです。

なお、『ウルトラサン・ウルトラムーン』はいつものようにそれぞれ別タイトルとして個別に集計されていますが、日本のランキングのように合算したときには3位でした。

L.A.ノワールはスイッチ版も健闘

その他の新作では PS4/Xbox One版が発売された『The Sims 4』が7位に、現行機向けに移植された『L.A.ノワール』が8位に、『LEGO Marvel Super Heroes 2』が10位に入りました。Nintendo Switch にも対応した『L.A.ノワール』の販売内訳は、PS4版が51%、Xbox One版が28%、スイッチ版は20%でした。スイッチ対応ではもう1本『Skyrim』が26位に入っています。

任天堂関連タイトルの動向

『ポケモン』以外の任天堂タイトルでは、『スーパーマリオ オデッセイ』が9位に入りました。その他『マリオカート8 デラックス』が22位、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が28位となっています。新作が多数登場し、旧作群はトップ40から押し出される格好に。

UKチャート トップ20: 2017.11.12 ~ 11.18

  1. (1) CALL OF DUTY: WWII – ACTIVISION
  2. (–) STAR WARS BATTLEFRONT II – ELECTRONIC ARTS
  3. (2) FIFA 18 – ELECTRONIC ARTS
  4. (–) ポケットモンスター ウルトラサン – 任天堂/ポケモン
  5. (–) ポケットモンスター ウルトラムーン – 任天堂/ポケモン
  6. (3) ASSASSIN’S CREED ORIGINS – UBISOFT
  7. (–) THE SIMS 4 – ELECTRONIC ARTS
  8. (–) L.A. NOIRE REMASTERED – TAKE 2
  9. (6) スーパーマリオ オデッセイ – 任天堂
  10. (–) LEGO MARVEL SUPER HEROES 2 – WARNER BROS. INTERACTIVE
  11. (4) NEED FOR SPEED PAYBACK – ELECTRONIC ARTS
  12. (9) GRAN TURISMO: SPORT – SIE
  13. (15) クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! – ACTIVISION
  14. (12) GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2
  15. (7) FORZA MOTORSPORT 7 – MICROSOFT
  16. (8) FORZA HORIZON 3 – MICROSOFT
  17. (5) ソニックフォース – セガゲームス
  18. (14) WOLFENSTEIN II: THE NEW COLOSSUS – BETHESDA SOFTWORKS
  19. (–) THE ELDER SCROLLS V: SKYRIM VR – BETHESDA SOFTWORKS
  20. (–) PLAYSTATION VR WORLDS – SIE

スイッチチャートを見ていくと、新作組では『L.A.ノワール』(6位)を上回った『Skyrim』が3位に初登場。先週の『DOOM』に続いて立て続けにベセスダタイトルが発売されるスイッチですが、まずまず順調な滑り出しとなっているようです。その他『CARTOON NETWORK: BATTLE CRASHERS』(16位)や『RiME』(20位)がトップ20入りをはたしました。

Nintendo Switch チャート トップ20

  1. (1) スーパーマリオ オデッセイ – 任天堂
  2. (3) マリオカート8 デラックス – 任天堂
  3. (–) THE ELDER SCROLLS V: SKYRIM – BETHESDA SOFTWORKS
  4. (5) ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 任天堂
  5. (8) マリオ + ラビッツ キングダムバトル – UBISOFT
  6. (–) L.A. NOIRE REMASTERED – TAKE 2
  7. (6) スプラトゥーン2 – 任天堂
  8. (2) ソニックフォース – セガゲームス
  9. (7) 1-2-Switch (ワンツースイッチ) – 任天堂
  10. (4) DOOM – BETHESDA SOFTWORKS
  11. (11) LEGO WORLDS – WARNER BROS. INTERACTIVE
  12. (10) FIFA 18 – ELECTRONIC ARTS
  13. (9) ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX – 任天堂/ポケモン
  14. (12) レイマン レジェンド for Nintendo Switch – UBISOFT
  15. (15) JUST DANCE 2018 – UBISOFT
  16. (–) CARTOON NETWORK: BATTLE CRASHERS – MAXIMUM GAMES
  17. (17) ARMS – 任天堂
  18. (13) MINECRAFT: STORY MODE – COMPLETE ADV.- TELLTALE GAMES
  19. (–) RIME – MAXIMUM GAMES
  20. (14) MONOPOLY FOR NINTENDO SWITCH – UBISOFT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で