NPD グループから、米国ゲーム小売市場の2017年10月度月間レポートが到着。『スーパーマリオ オデッセイ』の発売や、ハード市場でシェア6割以上を獲得するなどした任天堂が好調だった一方で、市場全体の売上は11%ダウンの8億2500万ドルでした。

ソフトウェア

ソフトウェア市場の売上高は20%減の4億4700万ドル。PCソフトは29%減の2700万ドルでした。昨年は『Battlefield 1』が大ヒットを記録したため、今年は有力タイトルが複数発売されたにもかかわらず前年比で減少しています。月間チャート1位は『Middle-earth: Shadow of War』、そこに『Assassin’s Creed: Origins』と『スーパーマリオ オデッセイ』が続いています。

NPD によると『Middle-earth: Shadow of War』と『Assassin’s Creed: Origins』はいずれも前作を上回る初動を記録。『Shadow of War』は2014年の『Shadow of Mordor』を20%上回りました。

『Syndicate』の初動を上回った『Assassin’s Creed: Origins』と合わせ、Ubisoft は『South Park: The Fractured But Whole』や『Ghost Recon: Wildlands』『Rainbow Six: Siege』をトップ20に送りこんだ10月の月間トップパブリッシャーでした。

今年は RPG ジャンルのタイトルが好調ですが、『South Park: The Fractured But Whole』が発売されるなどした10月も前年比で20%増と好調をキープ。年初来のセールスでは43%増加しているということです。

また人気シリーズの新作が多く発売されているレーシングゲームも今年は活況を見ています。『マリオカート8 デラックス』が定番として売れ続けていることに加えて、この10月は『Forza Motorsport 7』『グランツーリスモ Sport』が発売され、レーシングゲームの市場規模は前年比で2倍に拡大。2017年の売上高は前年比で37%増加しています。

スポーツジャンルでは Take-Two / 2K の『NBA 2K18』が躍進。すでに EA の『Madden NFL 18』や『FIFA 18』を上回っていますが、2017年の年間売上でも『Ghost Recon: Wildlands』を抜いて、今や2位につけています。

マリオカート8 デラックスが年間トップ10入り

任天堂もソフト販売が好調な月でした。まず『スーパーマリオ オデッセイ』がデジタル版を含まず3位に初登場。NPD が集計するパッケージ版の売上では、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』や『スーパーマリオギャラクシー』に次いで歴代3位の出足となりました。またスイッチの定番の1つとなっている『マリオカート8 デラックス』は、年間ランキングで10位まで上がってきています。

10月の月間ランキングではその他、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が15位、『ファイアーエムブレム無双』が17位に入りました。

月間 U.S. ランキング トップ20

  1. Middle-earth: Shadow of War
  2. Assassin’s Creed: Origins
  3. スーパーマリオ オデッセイ**
  4. South Park: The Fractured But Whole
  5. NBA 2K18
  6. FIFA 18
  7. WWE 2K18
  8. Madden NFL 18
  9. Destiny 2*
  10. Forza Motorsport 7
  11. Gran Turismo Sport
  12. Grand Theft Auto V
  13. The Evil Within 2**
  14. Wolfenstein 2: The New Colossus**
  15. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド**
  16. マリオカート8 デラックス**
  17. ファイアーエムブレム無双**
  18. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  19. NHL 18
  20. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege

* Battle.net の販売分を含まず
** デジタル販売を含まず

Xbox One

  1. Middle-earth: Shadow of War
  2. Assassin’s Creed: Origins
  3. Forza Motorsport 7
  4. South Park: The Fractured But Whole
  5. NBA 2K18
  6. FIFA 18
  7. Destiny 2
  8. WWE 2K18
  9. Madden NFL 18
  10. Grand Theft Auto V

PlayStation 4

  1. Middle-earth: Shadow of War
  2. Assassin’s Creed: Origins
  3. South Park: The Fractured But Whole
  4. NBA 2K18
  5. FIFA 18
  6. Gran Turismo Sport
  7. WWE 2K18
  8. Madden NFL 18
  9. Destiny 2
  10. The Evil Within 2**

Nintendo Switch

  1. スーパーマリオ オデッセイ
  2. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  3. マリオカート8 デラックス
  4. ファイアーエムブレム無双
  5. ポッ拳 Pokken Tournament DX
  6. スプラトゥーン2
  7. マリオ + ラビッツ キングダムバトル
  8. FIFA 18
  9. NBA 2K18
  10. ドラゴンボール ゼノバース2

Nintendo 3DS

  1. マリオ&ルイージRPG1 DX
  2. メトロイド サムスリターンズ
  3. Miitopia (ミートピア)
  4. 世界樹の迷宮V 長き神話の果て
  5. ポケットモンスター サン
  6. ファイアーエムブレム無双
  7. 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
  8. マリオカート7
  9. スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS
  10. レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

2017年 年間ランキング

  1. Destiny 2*
  2. NBA 2K18
  3. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  4. Madden NFL 18
  5. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド**
  6. Grand Theft Auto V
  7. For Honor
  8. Horizon Zero Dawn
  9. Injustice 2
  10. マリオカート8 デラックス**

過去12ヶ月間の売れ筋ランキング

  1. Call of Duty: Infinite Warfare
  2. Destiny 2*
  3. Battlefield 1
  4. Grand Theft Auto V
  5. NBA 2K18
  6. NBA 2K17
  7. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  8. Madden NFL 18
  9. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド**
  10. ファイナルファンタジーXV

ハードウェア&周辺機器

Nintendo Switch と SNES Classic が1位2位を独占した任天堂が、2ヵ月連続で3分の2のシェアを獲得したハード市場。10月の売上高は、10%増の2億3800万ドルでした。ソニーの PlayStation 4 も好調な販売となるなど、2011年以降では初めて月間100万台を突破。年末商戦を前に盛り上がりを見せています。

一方、周辺機器は7%ダウンの1億1300万ドルでした。そうした中、『Forza Motorsport 7』や『グランツーリスモ Sport』の発売によってレーシングホイールの売上が増加。この分野の売上は前年と比べて倍増したということです。

2017年10月 米ゲーム小売市場 販売規模

  • ハードウェア:2億3800万ドル(前年同月比 +10%)
  • ソフトウェア:4億4700万ドル(▲20%)
  • PCソフト:2700万ドル(▲29%)
  • 周辺機器・アクセサリ:1億1300万ドル(▲7%)
  • 総売上高:8億2500万ドル(▲11%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で