バトルカーを操作してサッカーのような競技を行うスポーツアクションゲーム『Rocket League (ロケットリーグ)』。Nintendo Switch 対応が発表されていますが、14日よりニンテンドーeショップにて配信が開始されました。価格は2000円+税。

今冬配信予定だと言われていたニンテンドースイッチ版『ロケットリーグ』が、11月14日より配信スタート。

スイッチ版『ロケットリーグ』では最大8人まで参加が可能で、1対1や4対4、対戦プレイや協力プレイなどの様々な対戦モードが用意されているほか、オンラインマッチではスイッチ以外のプラットフォームのプレイヤーとも対戦が可能なクロスプラットフォームが採用されています。

カスタマイズ可能な外観には、任天堂とのコラボレーションが実現したスイッチ版限定アイテムや車体が登場(マリオやルイージ、メトロイドのサムスをイメージしたバトルカーやそれぞれのゲームにちなんだブースト)。1000億以上の組み合わせで、自分好みの個性的なマシンを創り上げることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で