10月27日の『スーパーマリオ オデッセイ』発売で大きく売上を伸ばした任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。

この10月で国内累計販売台数が200万台を突破していますが、ファミ通から2017年10月における国内市場のソフトウェア・ハードウェア売上速報が発表され、スイッチの月間販売台数が30万台を上回ったことが明らかになりました(集計期間:2017年9月25日~2017年10月29日、5週)。

スイッチのハード販売は、早くも年末商戦に迫る勢いを見せています。

2017年10月 ゲームソフト・ハード売上速報

ソフトウェア

  1. スーパーマリオ オデッセイ(NSwitch) – 51万1625本
  2. グランツーリスモSPORT(PS4) – 15万3647本
  3. 英雄伝説 閃の軌跡III(PS4) – 12万1195本
  4. スプラトゥーン2(NSwitch) – 10万1387本
  5. FIFA 18(PS4) – 8万5156本

ソフトでは初週で50万本を超えた任天堂の『スーパーマリオ オデッセイ』がトップに。ファミ通によると、『マリオデ』の初週51.2万本は、1996年以降に発売されたすべての『マリオ』関連タイトルで歴代4位に入るとのこと。2位は『グランツーリスモSPORT』、3位は『英雄伝説 閃の軌跡III』が入りました。4位は『スプラトゥーン2』、5位には『FIFA 18』が入っています。

ハードウェア

  1. Nintendo Switch – 30万7138台(前月:16万8810台)
  2. PlayStation 4 – 14万4578台(前月:11万4630台)

ハードウェアでは30万台強を販売したスイッチが引き続きトップをキープ。累計200万台を突破しました。2位は PlayStation 4 で、据置型ゲーム機が国内ゲームハード市場を牽引しています。また10月5日に発売された「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、29日までに46.5万台を販売しているということです。

メーカー別売上本数

  1. 任天堂 – 91.6万本
  2. SIE – 23.5万本
  3. スクウェア・エニックス – 18.0万本

メーカー別のランキングではトップ5内に『スーパーマリオ オデッセイ』と『スプラトゥーン2』の2本を送り込んだ任天堂がトップに。トップ5入りを逃したものの、『マリオカート8 デラックス』や『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』などもロングセラーとなっています。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-03-03

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で