国内でもインディーゲームがさらに盛り上がりそうです。

ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は17日、ゲームパブリッシング事業を行う新レーベル“UNTIES (アンティーズ)” の発足を発表しました。

レーベルからのリリース第1弾は『ファミコンウォーズ』を彷彿とさせるターン制戦略シミュレーション『TINY METAL (タイニーメタル)』で、11月21日に世界同時発売。PlayStation 4 と PC、Nintendo Switch に対応します。

SME のゲームパブリッシングレーベル UNTIES

SME によると、新レーベル「UNTIES (アンティーズ)」は欧米を中心にインディーゲームが盛り上がりをみせる一方で、独創的なゲーム性やユニークで個性的なタイトルの数々が注目されないまま埋もれてしまう状況が散見されることから、より多くのユーザーの目に触れ、遊んでもらえるようキラリと光る名作タイトルを発掘。SME の持つエンタテインメントビジネスのノウハウと推進体制を活かし、優れたゲームタイトルの情報拡散および販売をマルチプラットフォームで行っていくために発足されました。

レーベル名は、「ゲームパブリッシュが抱える様々な束縛からクリエイターを解放し、自由な制作と制約なき出版を実現したいという意志」から命名。

UNTIES 発売ラインナップ

TINY METAL (タイニーメタル)

アンティーズ第1弾タイトルは、由良浩明氏の率いる開発スタジオ「AREA35」が手掛ける『TINY METAL (タイニーメタル)』。往年のターン制ストラテジーゲームが持つ懐かしさと、Unreal Engine を使用して描かれる最新の3Dグラフィックが融合した『ファミコンウォーズ』を彷彿とさせるターン制戦略シミュレーションゲームです。

対応プラットフォームは PS4 と PC、そして Nintendo Switch。ソニー子会社である SME のレーベルながら、任天堂の家庭用ゲーム機への扉も閉ざしていないようです。

『TINY METAL』概要

タイトル:TINY METAL (タイニーメタル)
開発スタジオ:AREA35
ジャンル:戦略シミュレーション
プレイ人数:1人(オンライン機能あり)
プラットフォーム:PlayStation 4、Nintendo Switch、PC
発売日:2017年11月21日発売予定

第2弾以降のラインナップ

『タイニーメタル』以降に発売を予定しているタイトルも一部が発表。

現役大学生によるクリエイター集団「I From Japan」が手掛ける、プレイヤーの深層心理から武器を具現化して戦う3Dアクションゲーム『Last Standard』(PC 他)

「WinterCrownWorks」が開発する 3D ロボット騎兵アクションゲーム『Merkava Avalanche』(PC 他)

『DEEMO』を完全新作として 3D 化 & VR 化した『DEEMO -Reborn-(仮)』(PS4、PS VR 対応)が発売予定です。

優れたインディータイトルの発掘とマルチプラットフォーム展開を目的として発足した SME の新レーベル「UNTIES (アンティーズ)」。最近は、インディーデベロッパー自らが発売するセルフパブリッシングを行うケースも増えてきていますが、パブリッシングをサポートするメーカーが増えることで、日本でもますますインディータイトルが盛り上がりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で