2017年9月期における国内家庭用ゲームソフトウェア/ハードウェアの月間売上データが、速報値としてファミ通から発表されました。集計対象期間は、2017年8月28日〜9月24日の4週間。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1位 New みんなのGOLF(PS4)
   SIEJA 144,511本
2位 スプラトゥーン2(Switch)
   任天堂 138,694本
3位 ウイニングイレブン2018(PS4)
   KONAMI 88,465本
4位 Destiny2(デスティニー2)(PS4)
   SIEJA 74,713本
5位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(3DS)
   スクウェア・エニックス 73,563本
※SIEJA=ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1位 Nintendo Switch
   168,810台(先月1位 Nintendo Switch 254,489台)
2位 プレイステーション4(合計)
   114,630台(先月2位 ニンテンドー3DS(合計)176,314台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値、ニンテンドー3DSはNewニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LL、ニンテンドー2DS、Newニンテンドー2DS LLの合計値になります)

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1位 任天堂 39.8万本
2位 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア 29.1万本
3位 スクウェア・エニックス 18.0万本

via: ファミ通.com

9月のソフトトップはみんゴル

9月は『New みんなのGOLF』が14.5万本を販売して月間ソフト売上トップに立ったほか、『ウイニングイレブン2018』や『Destiny 2』が上位に入った PlayStation 4 用ソフトがトップ5内に3作ランクイン。残る2作は Nintendo Switch の『スプラトゥーン2』(13.9万本)とニンテンドー3DS版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(7.4万本)が入りました。

メーカー別売上本数では、任天堂がトップの39.8万本。次いでSIEJA (ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア) が29.1万本を販売しています。3位はスクウェア・エニックスの18.0万本でした。

8月は『ドラクエ11』や『スプラトゥーン2』の勢いが持続し、PS4とスイッチで初ミリオンとなりましたが、9月はそれが落ち着き、年末商戦へ向けて比較的動きの静かな月となりました。

ニンテンドースイッチが7ヵ月連続月間販売トップ

ハードウェアでは Nintendo Switch が16.9万台を販売し、7ヵ月連続で月間ハード販売トップに立ちました。『スプラトゥーン2』が少し落ち着いてきたにせよ、本体の品薄がまだ続いていることを考えると、需要を満たしているとも言えないので、次の目玉タイトル『スーパーマリオオデッセイ』や本格的な年末商戦到来へ向けて毎週の出荷数量が調整されている印象です。2位の PlayStation 4 は11.5万台を販売しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で