日本マイクロソフトは20日、家庭用ゲーム機「Xbox One」ファミリーの上位機種『Xbox One X (エックスボックス ワン エックス)』を、日本国内で海外と同日の2017年11月7日に発売すると発表しました。価格は4万9980円(税抜)。

『Xbox One X』の発売を記念し、発表時点のコードネーム「Project Scorpio」ロゴとドット パターンによるグラデーションを施したスペシャル デザインの本体と「Project Scorpio」のロゴを中央に配したコントローラー、および Xbox One X 専用縦置きスタンドを同梱した『Xbox One X Project Scorpio エディション』も、同日の11月7日に数量限定で発売されます。価格はこちらも4万9980円(税抜)。

『Xbox One X』は従来の Xbox One と比較して性能が大幅に向上し(CPU: 8コア 2.3GHz、GPU: 6 テラフロップス、RAM: 12GB GDDR5)、4K UHD Blu-ray を搭載して4K解像度(True 4K ≒ ネイティブ4K) にも対応する、Xbox One ファミリーの上位機種。

ゲームをより楽しくプレイできる “世界で最もパワフルなゲーム機” であることを売りとしていて、より高精細なグラフィックとスムーズな描画でのゲームプレイ、326GB/秒のメモリ帯域幅によるロード時間の短縮などを実現しています。

マイクロソフトは前世代機の Xbox 360 で、ソニーの PlayStation 3 と拮抗したセールス競争を見せていましたが、今世代は PlayStation 4 に水をあけられています。最高性能モデルの投入で巻き返しを図ります。

Xbox One X (CYV-00015)
Xbox One X 本体
メーカー: 日本マイクロソフト
発売日: 2017-11-07

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly