スクウェア・エニックスによる Nintendo Switch 向け完全新作RPG『project OCTOPATH TRAVELER (プロジェクト オクトパス トラベラー)』(開発:アクワイア)の続報が「Nintendo Direct 2017.9.14」で到着。最新トレーラーが公開されました。発売は2018年。世界同時発売予定。

『project OCTOPATH TRAVELER』は、“HD-2D” と名付けられた、3D CG とドット絵が融合した独特のエフェクトによって描かれる幻想的な世界「オルステラ大陸」が舞台のRPG。スーパーファミコン時代のRPGを、こうした進化の方法で見てみたかったというビジュアルです(個人の感想です)。

8人の主人公

主人公は出身地も職業も、旅の目的もまったく異なる8人のキャラクターから1人を選んで旅をはじめることとなります。どこから旅をはじめ、誰を仲間にし、そしてどこへ向かうのか。その判断はプレイヤーの手に委ねられています。

各主人公固有の「フィールドコマンド」

各主人公には、それぞれ固有の「フィールドコマンド」が設定されていて、住人と独自のコミュニケーションをとることが可能。

たとえば剣士のオルベリクのフィールドコマンドは「試合」。彼はほぼすべての街の住人たちにバトルを挑むことができ、悪人を見つけて成敗したり、道を塞いでいる人物をどかしたりといったことができます。またプリムロゼという踊り子の場合は「誘惑」をすることができ、住人を連れ回すことが可能に。探しびとを連れてきたり、苦手な人を連れて来て困らせたり、バトルにまで加勢させることができます。

「フィールドコマンド」がそれぞれのキャラクターで異なるので、目的達成のための手段もキャラクターごとに様々。開発チームは「いかにロールプレイさせるか」という点も大事に開発を進めているということです。

タイトルの「Oct (=8) path (=進む道、方向) traveler (=旅人)」は、8人の主人公が織りなす物語にかかっていたんですね。イメージイラストを見ると最終的には1つの物語につながってきそうですけれど。主人公が8人で自由度が高いスクエニのRPGということで『ロマンシング サ・ガ』の系譜も感じさせる内容に仕上がってきそうです。

ところで、9月14日より本作の「先行体験版」の配信がスタートしました。体験版で選択可能なのは、今回紹介された「剣士:オルベリク」と「踊り子:プリムロゼ」2人。旅立ちの物語を遊ぶことができます。『BDFF』のときと同じように、製品版をより良いものとすべく、遊んだ感想・意見を開発チームにフィードバックするためのアンケートが後日実施予定となっています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly