国内で9月16日より予約受付が開始されるとの発表があった、任天堂のレトロコンソール復刻企画ニンテンドークラシックミニ第2弾『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン (Super NES Classic Edition / Mini SNES)』。すでに予約が開始されている海外でも改めて発売時期等が発表されたほか、出荷期間が2018年まで延長されたことが明らかになりました。

海外任天堂の以前の発表内容によると、ミニスーファミは2017年末までの期間限定出荷製品でした。生産数量をミニファミコンよりも大幅に増やすとは言え、年内限定というのは出荷期間が短いのでは?と考えていましたが、今回の発表の中で任天堂は、2018年もミニスーファミの出荷を継続する計画であると新たなプランを発表。

2018年の生産再開が発表されたミニファミコンと合わせ、オークションサイト等で取引されるプレミア価格で購入せずとも、2018年の年明け以降、店頭にレトロコンソールが並ぶのを見られそうです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly