9月6日、PlayStation 4 / Xbox One 版が世界同時ローンチをはたした Activision のオンライン専用SFシューター続編『Destiny 2』(PC版は10月24日発売)。開発元の Bungie より、最初の週末の同時接続数が120万人に達していることが報告されました。

Activision は先月、『Destiny 2』のベータ版は前作よりも人気になっていることを報告し、その規模は460万人に上ったとしています。また財務報告書の中で、発売前1ヶ月の予約数は『Destiny』を上回っていると発表していました。

ただ、いち早く売り上げが報告されたシューター人気の高い英国では、今年最大の初動セールスを見せたものの、その販売規模は前作から58%ダウン。大きく減少しました。それでも、コンソールにおいてオンラインゲームの同時接続数120万は容易に達成できる数字ではなく、チャートには反映されないデジタル市場の拡大や他地域での健闘があると思われます。

デジタル市場の影響力拡大でいうと、たとえばセガゲームスは、8月に発売した『ソニックマニア』について、仮にデジタルがUKチャートの集計に含まれていれば、2位以下を引き離して週間1位だっただろうとコメントしています。

現在のところ、Activision Blizzard 公式からマーケティングも意識した前作のような大々的な報告はなく、グローバルなセールス詳細は不明。『Destiny 2』は10月24日に PC 版の発売も控えており、今後、さらに多くのユーザー流入が期待されます。

【PS4】Destiny 2
【PS4】Destiny 2
メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売日: 2017-09-06

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で