任天堂アメリカは、2017年のホリデー商戦期に発売予定とされる Nintendo Switch 版『The Elder Scrolls V: Skyrim (ジ・エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム)』のティザーサイトを公開しました。後日、フルサイトが公開予定。

『Skyrim』は Bethesda Softworks のタイトルですが、NoA 公式サイト内に特設ページが開設され、任天堂もプロモーションで協力していくことがうかがえます。

オリジナル版『Skyrim』は2011年に発売。広大なオープンワールドで描かれるRPGは200以上のゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得し、2016年12月末までに世界売上3000万本を超えるメガヒットタイトルとなっています。

公式ページの情報によると、スイッチ版『Skyrim』には3つの追加コンテンツ「Dawnguard」「Hearthfire」「Dragonborn」がすべて収録。

またスイッチならではの要素として Joy-Con のモーション操作に対応。近接武器で戦ったり、矢を射ったり、ロックピックを使ったりなどの動作を体感できます。『amiibo』連動機能を備えていて、『ゼルダの伝説』関連の武具を入手できたり、スイッチ版専用のアイテムを受け取ることができます。

自宅だけでなく、外出先で遊べるのもスイッチ版ならではのメリットです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly