任天堂は29日、Wii U 用ソフト『スプラトゥーン』のフレンド交流サービス「イカリング」を、2017年9月30日をもって終了すると発表しました。更新の影響を受けるのは「イカリング」で、オンラインマッチに関してはこれまで通り利用可能。

任天堂は利用者が減少する Wii U のネットワークサービス縮小に動いていて、29日にはソーシャルサービスの『Miiverse (ミーバース)』やTV電話『Wii U Chat』、テレビ番組表サービス『Nintendo TVii』を、11月8日で終了すると発表しています。『Miiverse』の終了は『スプラトゥーン』も影響を受け、サービス終了後は広場やステージマップにユーザー投稿は表示されなくなります。

https://splatoonus.tumblr.com/post/164769613159/notice-the-splatnet-service-for-the-splatoon

続いて、『スプラトゥーン』のフレンド交流サービス「イカリング」の終了が発表。イカリングの終了は上記3サービスより早く、9月30日で終了となります。なお、今回の発表は北米向けですが、日本版に関しても、遅かれ早かれ今後のサービス提供について発表があるものと思われます。

日本でもサービス終了が発表されました。

『スプラトゥーン』は続編『スプラトゥーン2』が7月21日、 Nintendo Switch 向けに発売。Switch 用ソフトとしては最速で国内100万本を達成し、ハード販売も強烈に牽引する任天堂の新たなキラータイトルとなっています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly