『Cave Story+ (洞窟物語)』や『The Binding of Isaac: Afterbirth+』に加え、『ブレードストレンジャーズ』『The End Is Nigh』など Nintendo Switch 向けタイトルを複数発表・発売している Nicalis。しかしまだ続きがありそうです。

スイッチのローンチに『The Binding of Isaac: Afterbirth+』を、6月に『Cave Story+ (洞窟物語)』を海外で発売し、成功を収めている Nicalis。今後も『Blade Strangers』や『The End Is Nigh』などを発売する計画ですが、より多くのタイトルが、スイッチ向けに用意されています。

Nicalis の Tyrone Rodriguez 氏が、インディーデベロッパー・ゲームメーカー情報を扱う海外メディア Indie Obscura のインタビューで語った情報によると、Nicalis にはまだ複数のスイッチ向けタイトルが控えています。

「僕たちは今年スイッチ向けに発売するゲームをまだ何タイトルか準備しています。よく知られているものもあれば、完全新作もありますよ」

Nicalis の公式サイトでは現在、発売済みのものも含めて以下のスイッチ対応タイトルが掲載されています。

Nicalis の Nintendo Switch 向けタイトル(海外)

  • The Binding of Isaac: Afterbirth+(発売中)
  • Cave Story+(発売中)
  • The End Is Nigh(2017年)
  • Blade Strangers(2017年)
  • Redout(2017年)
  • Ittle Dew 2+(2017年)
  • Tiny Barbarian DX(2017年)
  • ’90s Super GP(近日)
  • 1001 Spikes(未定)

『Cave Story+』については Pikii から日本版が発表されていて、2017年内にパッケージ/ダウンロード版が発売予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で