任天堂アメリカは、『New スーパーマリオブラザーズ 2』をインストール済みのニンテンドー2DS本体(ホワイト×レッド)を、8月25日より希望小売価格79.99ドルで販売します。

Newニンテンドー2DS LL(北米名称:New Nintendo 2DS XL)の投入で携帯機市場を活気づけたい任天堂。購入意欲を高めるための施策として、北米市場では定番ソフトをあらかじめインストールした2DS本体をまた新たに投入します。

北米では現在、『マリオカート7』インストール済みの2DS本体(ブルー×ブラック)が79.99ドルで販売されており、『New スーパーマリオブラザーズ 2』同梱セットはこれに続く形です。

この夏、任天堂は海外で New2DS LL とともに『Hey! ピクミン』や『Miitopia』といった新作タイトルを発売。さらに最も購入しやすいエントリーモデルの通常2DSに新たなバンドルセットを出すことで、テコ入れを図ります。

任天堂プラットフォームというと、最近は発売開始以来好調な Nintendo Switch の方へどうしても目が行きがちですが、3DSもまだまだ健在。

秋口から年末にかけては『メトロイド サムスリターンズ』『モンスターハンター ストーリーズ(海外)』『妖怪ウォッチ2 真打(海外)』『マリオ&ルイージRPG1 DX』『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』『カービィ 新作』など、注目タイトルが複数控えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で